最短結婚するには、3回の食事がキーポイントになります【30代、40代のための最短結婚】

レストラン

お見合いの後
「交際希望」になったら
大切なのは、そこからの
3週間
です

 

 

 

その間に3回の食事
できるかできないかで
その後交際が続くか続かないか
が決まってきます

 

 

 

たとえば「お見合い」をして
「う〜ん、悪い人ではないから
もう一度会ってみようかな」
と交際希望を出す場合がありますよね

 

 

 

その時は、1回目の食事で
もう一度相手を見極めます

 

 

 

1回目の食事をしたものの
「でもやっぱり
決定打が出せないな」
という時には、2回目の食事の
約束をします

 

 

 

2回目の食事をして
「よくもないけど断る理由もない」
という場合は、3回目の食事となります

 

 

 

この3回目を終えた時に
決定打が出せない場合は
「やっぱりこの方はお断りしよう」
という方向に気持ちが振れる
んですね

 

 

 

決定打が出せないまま
ズルズルと、4回5回目の
約束をすることを
人はまずしません

 

 

 

そして、この3回目までの食事
できることなら
3週間以内に済ませてほしい

 

 

1週間に1回は会う
ペースですね

 

 

 

期間をあけずに食事をする
ことって、とても大事なんですよ

 

 

「お見合い」をして
「うあー、素敵」と思い
交際になったとしても

 

 

メールのやりとりが1週間に
1回だったり
会うまでに2週間、3週間と
空いてしまうと

 

 

 

盛り上がっていた気持ちが
トーンダウン
してしまいます

 

 

 

もしもあなたが、最短結婚を
望んでいるなら

 

 

 

お見合いに限らず
友達の紹介にしろ
合コンにしろ

 

 

 

「素敵だな」と思う男性に出会ったら
毎日メールのやりとりをし
1週間に1回の食事を
3回続けてみてください

 

 

 

そうすると、その方と
結婚に向けておつきあいが
できるかどうかの答えが
おのずと出てきます

 

 

 

そして、お見合いの場合は
「この方は違う」と思ったら

 

 

 

「ハイ、次!」の精神で
新しいお見合いをすることを
おすすめします

 

 

 

時間は有限ですからね

結婚相談所最短結婚ナビ 結婚相談所「最短結婚ナビ」オフィシャルウェブサイトへ