「寂しい」という男女の心理が「婚活」を本気にさせます【最短結婚】

寂しい女性

「去年
除夜の鐘が聴こえてきた時

涙が出てきたんです

 

 

彼女は、ある年の7月に会員になった
39歳の女性でした

 

 

35歳を過ぎたころから
1年で一番嫌なのが
12月31日から
お正月の期間だったと言います

 

 

人間の108つの煩悩を
取り除くために鐘をつくと
言われている除夜の鐘ですが

 

 

 

あの音の響きは、妙に体の中に
染み渡ってきます

 

 

「ああ、今年も結婚できなかった
ひとりで除夜の鐘を聞いている

 

 

35歳を過ぎた頃から毎年
そう思うようになり

せつなさは、歳を重ねるほどに
色濃くなっていったそうです

 

 

 

39歳の12月31日
「これから先ずっと
ひとりで除夜の鐘を聴いていら
どうしよう」

 

 

そう思ったら、涙が溢れ出てきて
止まらなくなったといいます

 

 

さらに歳が明けて、1月1日
妹夫婦が子連れで
里帰りしてきて
また胸が締め付けられました

 

 

「ママ、ママ〜〜」
何をするにも、妹さんを頼り
片時も側を離れようとしない
4歳の男の子を見ていたら
目頭が熱くなってきたというのです

 

 

元日に届いた
高校や大学時代の友達の
ファミリー写真の年賀状を
もう辛すぎて
見ることができませんでした

 

 

「私は、何が何でも
今年中に結婚がしたいんです!」

 

 

彼女は、私にそう言って
私のもとを訪ねてきました

 

 

 そこから彼女は本当にがんばりました
お見合いをすること23回

 

 

ついに4月に運命の出会いをし
6月に成婚退会をしました

 

  

「寂しさ」は、女性を婚活へと
突き動かす原動力です

 

 

 

「結婚」を本気でしたいのらな
今、うんとうんと「寂しい気持ち」を
味わっておきましょう

 

 

 

その寂しい気持ちを私にぶつけて
くだされば
私があなたを「最短結婚」へと
導きます!

 

結婚相談所最短結婚ナビ 結婚相談所「最短結婚ナビ」オフィシャルウェブサイトへ