相性は、占いに頼っても当たらない。キスやその先が想像できるか? それが本能の語りかけです【男と女の最短結婚】

結婚 

お見合いを終えた時に
会員女性が私にこう言うことがあります

 

 

 

「交際希望を出すか出さないか
一晩考えてもいいですか」

 

 

 

こんな時私は
「いいですよ」と言うのですが

 

 

 

この場合、翌日「交際希望」を出して
きたとしても、ほとんどのケースが
成婚まで至りません

 

 

 

 

その後1回か2回の食事をして
「すいません。やっぱりお断りします」
と言ってきます

 

 

 

男女には、目には見えない
「相性」があります

 

 

 

 

男性の学歴、年収がすばらしく
お人柄もやさしい方だったとしても
男性として好きになれなかったら
結婚には結びつきません

 

 

 

 

それは理屈ではなく
本能が導き出している答え
です

 

 

 

 

また
「この男性とは
結婚は考えられない」
と、A子さんが思ったとしても
B子さんは彼を大好きに
なってしまうかもしれない

 

 

 

そこがまさに相性なんです

 

 

 

 

ですから、最初のお見合いで
「どうしようかな」
と迷ったら、その時点で
私はやめたほうがよいと思うのです

 

 

 

 

熟練の仲人さんの中には
「30代後半、40代になったら
とにかく結婚することが
難しいのだから

 

 

 

 

結婚できる男性と結婚しないと
永遠に結婚できない」
とおっしゃる方がいます

 

 

 

 

確かにお相手は年々少なくなって
行くのですから
成婚は難しくなります

 

 

 

でも、キスのシュミレーションが
できないお相手や
Hすることを苦痛に思うお相手と
無理やり結婚しても

 

 

 

 

幸せになれない気がするのです

 

 

 

 

私は「最短結婚」
を提唱していますが

 

 

 

妥協して、結婚できる相手と
「最短結婚」するのではなく

 

 

 

 

短期間のうちに
なるべく多くのお相手と出会って
そこで「大好き」になった人と
恋に落ち、「最短結婚」
をして

いただきたいと思っています

結婚相談所最短結婚ナビ 結婚相談所「最短結婚ナビ」オフィシャルウェブサイトへ