メールだけのやり取りでは、親密な関係に進展することはありません【最短結婚】

「いいな」と思った女性と
1か月のうちに2度ほど
食事をしました

 

その後は
2週間に1回程度の
メールのやりとりをして
3か月が過ぎたとします

 

さて、このカップルはこの先
結婚に進展するでしょうか?

 

おそらくしません

 

それなのに、これを
「つきあっている」
と勘違いしてしまう男性が
とても多いのです

 

なぜだと思いますか?

 

メールでの会話は
バーチャルな世界のものなのに
それをリアルと勘違いして
女性の気持ちを自分の都合のいい
ように解釈してしまうからです

 

常識のある女性ほど
メールに失礼なことや
相手を傷つけることを書きません

 

メールには、やさしい
好意的な言葉を連ねます

 

たとえば、あなたが
「今度ご飯に行きましょう」
と、メールで誘ったとします

 

行く意思がなかったとしても
「あなたとは行きたくありません」
とは返信しないでしょう

 

「そうですね。今はバタバタしているので
落ち着いたらまた誘ってください」

  

こんなやりとりを数か月続けていて
これを
「なんとなくつきあっている女性がいる」
と勘違いしてしまう男性が多いのです

 

出会って、いいなと思った女性が
いた時には

 

一週間に1回は必ず会う

 

メールのやりとりは毎日する

 

お互いの部屋を行き来するような
関係を築く

 

これは3大原則です

 

メールだけのおつきあいが
ある時突然親密になるというのは
ほぼないと覚えておいてくださいね

▽▽▽毎日違うメルマガが届きます。登録はこちらから▽▽▽

結婚相談所最短結婚ナビ 結婚相談所「最短結婚ナビ」オフィシャルウェブサイトへ