デート初日に「お持ち帰り」をされては、いけない【最短結婚】

お酒

素敵だな」と思っていた男性に
初めて食事に誘われたとします

                                     

   

 

「素敵だな」と思っていた
わけですから
ウキウキですよね

 

 

 

食事をしながらの
会話も楽しくて
「好き」という気持ちが
どんどん強くなっていく

 

 

 

2軒目、3軒目、バーで
酔っ払ってきた彼が
だんだんと大胆になってきて

 

 

「ね、俺ん家来ない?」
と耳元で囁いたとします

 

 

 

そんな経験はありませんか?

 

 

 

私は、あります

 

 

私は、その彼のことが
前々から好きだったので
行ってしまいました

 

 

 

でも、その後、私は
彼の彼女にはなれませんでした

 

 

 

彼は、私が
「こちらが100%大好き」
をお見通しだったのだと思います

 

 

 

つまり
「デキる」と思われたんです

 

 

 

男性は、すぐに手に入るものは
大切にしません

 

 

 

また、初日のデートで
まだお互いを知らないうちから
「俺ん家来る?」と誘う男性は
ほぼほぼ「そういう関係」

だけを楽しみたいんです

 

 

 

本命の彼女にして
その後、結婚を考えることは
まずしません
(もちろん、中には考える男性も
いらっしゃるかもしれませんが)

 

 

 

また、そういう男性は
それが習性で
どんな女性にもそれをしています

 

 

 

私は、そういう男性たちを
「アリンコ男子」
読んでいます

 

 

 

アリンコは、目の前に
甘い餌をみつけると
巣に運びますね

 

 

 

 

餌が自分の体より
大きかったとしても
せっせと勤勉に運びます

 

 

 

運んでいるアリンコに
聞いたとします
「なぜそんなに一生懸命
巣に運ぶのですか?」

 

 

 

するとアリンコは、こう答えるでしょう
「そこに餌があるからだけど、何か」

 

 

 

アリンコ男子は
まさにこの習性なのです

 

 

 

女性を見つけると
自分の巣(家)に
運ばずにはいられない

 

 

 

大好きな彼に誘われた時ほど
Hすることに慎重に
ならなくてはいけません

 

 

 

たとえばお見合いで
出会った男性を
大好きになったとしても

 

 

 

前のめりになって
尻尾をちぎれんばかりに
振ってしまうのではなく

 

 

 

少し出し惜しみをして
彼があなたを
「欲しくて」「欲しくて」
たまらない状態にしてから

 

 

 

品よく、かわいらしく
余裕を持って
彼の気持ちに
答えていきましょうね

結婚相談所最短結婚ナビ 結婚相談所「最短結婚ナビ」オフィシャルウェブサイトへ