お見合い結婚成功者の重要成功アイテムがメールです【30代、40代からの最短結婚】

メールを書く

お見合いをして「交際」に
なったとします

 

 

 

この交際を上手に運んでいくために
もっとも重要のツールが
メール
になります

 

 

 

お相手をとても気に入っていて
交際を結婚へと結びつけたいなら
1日1通のメールは必須
来たメールには、即レスが必須です

 

 

 

また、どんなメールを書くか
その内容も重要になってきますね

 

 

 

お見合いを終えて「交際希望」を
お互いに出したら、まずは
男性からメールがきますよね

 

 

 

この時のメールは
「交際希望をありがとうございました
直接お電話でお話したいので
何時頃お電話したらよろしいですか?」
というような内容ですよね

 

 

 

そして、電話で最初の
デートの日を決めます

 

 

 

その後、お店をどこにするか
待ち合わせを何時でどこにするか
事務的な連絡事項をメールで入れることに
なると思いますが

 

 

 

 

この時のメールには、必ず
「お目にかかれるのを楽しみにしています」
「私は、◯◯料理が大好きなので
うれしいです」
などのように「うれしい」「楽しい」という
前向きな感情の言葉を書きましょう

 

 

 

 

そこからは、最低1日1回のメール
やりとりをかかさないことです

 

 

 

 

メールの感覚があいて
1週間も連絡を取り合わないと
お相手を「よかったな」と思っていても
気持ちのテンションが
次第に下がっていきます

 

 

 

また、1日1回のメールを書く時に
大切なことは
相手から来たメールの情報のひとつに
まずは共感を入れることです

 

 

 

たとえば
「今日は雨が降って、会社についたら
びしょ濡れになってました」
と、あったら

 

 

 

「すごい雨でしたものね
明日も雨のようですから
濡れて風邪などひかないように
気をつけてくださいね」

 

 

 

さらりとした気遣いの言葉
大切です

 

 

 

 

たとえばこれを
「◯◯さんが風邪を引いたら
私はものすごく心配になります
その時は、私でよけでばお部屋に
看病にうかがいます」

 

 

 

 

こんなことを書いたら
内容が重たすぎます
相手によっては、ドン引きされます

 

 

 

 

メールに入れる気持ちには
さじ加減が大切です
それを間違えると失敗します

 

 

 

 

わかりやすい目安として
日本語には「好き」という言葉しか
ありませんが
英語にはLikeとLoveがありますね

 

 

 

交際が始まってから手をつなぐ
関係になるまでは
Likeのメール
にするんです

 

 

 

触れ合いの第一歩が手をつなぐ
ことだと思うのですが

 

 

 

手をつなげるようになると
そこから男女の関係になるまで
そんなに時間がかかりませんね

 

 

 

お互いが触れ合える関係になったら
今度はLoveの気持ちが入った
メールをどんどん書く
んです

 

 

 

触れ合える関係になったら
「◯◯が風邪を引いたら
私はものすごく心配になるよ
その時は、遠慮なく言ってね
そっちに看病に行くから」

 

 

 

もう名前の呼び方も
呼び捨てになっているでしょうし
敬語も使わなくなっていますよね

 

 

 

今の時代、メールはとても重要な
愛のコミュニケーションツール
です

 

 

 

LikeとLoveのメールを上手に
使い分けて
彼のハートをゲット
してくださいね

結婚相談所最短結婚ナビ 結婚相談所「最短結婚ナビ」オフィシャルウェブサイトへ