「ブルガリ」の婚約指輪を奮発しました。一生に一度のことだから【成婚報告】

最短結婚 報告

❤会員男性 44歳   ❤お相手女性 39歳
(10月に入会、12月に成婚退会)

 

 

この度、結婚が決まりました!
結婚させていただくMさんには
お見合いした時からひと目ぼれでした

 

入会した時、鎌田さんから
「最短結婚をしたいなら、どんどん
お相手に出会っていきましょう」
とアドバイスされていたので、まずは
5人の方とのお見合いを組んでいただきました

 

 

3人目にお見合いしたのがMさんでした
ホテルのティーラウンジで
お目にかかりましたが
僕の話を楽しそうに聞いてくれる
Mさんが、本当に可愛らしくて
2時間があっという間に過ぎていました

 

 

お見合いを終えた後に鎌田さんにメールし
「今日の女性を、メッチャ気に入りました
交際希望でお願いします」
と伝えたのを覚えています

 

 

Mさんからも「交際希望」をいただき
それからは、毎週末デートを重ねました

 

 

彼女にはひと目惚れだったので
その後に組んであった2つのお見合いは
申し訳ないけれど、心ここにあらずでした

 

 

「僕がこの人に決めよう!」と思ったのは
最初のデートに誘った時の彼女の言葉です
「食べ物は何が好きですか?
Mさんの好きなものを食べに行きましょう」
と聞くと
「じゃあ、焼き鳥屋さんに連れていってください」
と言ったんです

 

 

女性は、フレンチとかイタリアンとか
お洒落なレストランが好きなのかと思ったら
焼き鳥屋さんがいい、と
かわいらしい見た目と庶民的な感覚の
ギャップにますます惹かれてしまいました

 

 

3回目のデートの時に
「結婚を前提のおつきあいさせてください」
と申し出ると、彼女の顔が一瞬曇りました
(これは断られるのかな)とドキッとしたら
「実は、伝えておかなくてはいけない
ことがあって」と言うんです

 

 

彼女のお父さんはすでに亡くなっていて
今はお母さんと弟さんとの3人で暮らし
そのことは身上書で知っていたのですが
弟さんには「不治の病がある」と言うんですね

 

 

「私と結婚したら、老いていく母と
病気が進行していく弟のことで
迷惑がかかるかもしれない‥‥」

 

 

僕は、その言葉を聞いて、ますますMさんが
愛おしくなってしまいました

 

 

自分でもびっくりしましたが
その場でMさんを抱きしめ、宣言していました
「Mちゃんだけじゃなく、Mちゃんの
大事な家族は、僕が守る」

 

 

その後、
正式なプロポーズを、12月24日の
クリスマスイブにしました

 

 

これからも、彼女や彼女の家族
そして、僕の両親を大切にしながら
生活をしていこうと思っています

 

 

「守るものがある男は強くなれる」
よく言われている言葉ですが
それを実感してる今日この頃です

 

 

鎌田さん、本当にありがとうございました

 

 

追伸
やきとりが好きな庶民的な彼女ですが
婚約指輪は、ブルガリで買ってあげました
痛い出費だったけれど
一生に一度のことだから

 

 

◆鎌田れいより

 

ご結婚おめでとうございます
出会ってから、2ヶ月の最短結婚でした

 

面談をした時には
朴訥としていて、不器用な印象で
こんなに早く結婚が決まるとは
正直思ってもみませんでした

 

それが3回目のお見合いでであった
Mさんに、一目ぼれしてからは
驚くほどの行動力でした

 

電話やメールで彼女とのデートの
報告をいただく度に、Tさんが
彼女にどんどん惹かれていくのが
手に取るようにわかりましたよ

 

 

彼女のご家族の事情を知った後、Tさんが
「僕がこれから全力で、彼女と彼女の
ご家族を守っていきます」
と、私にも報告してくださいましたね
その言葉を聞いた時には
私も感動して、胸が熱くなりました

 

 

結婚をすると、家族が2倍になります
それは、楽しみが2倍になりますが
責任も2倍になります

 

でも、今のTさんなら大丈夫!

 

また、1日も早くTさんとMさんの間に
新しい家族が誕生することも
願っていますよ

 

これからもたくさんの幸せの報告を
待っています!

結婚相談所最短結婚ナビ 結婚相談所「最短結婚ナビ」オフィシャルウェブサイトへ