プロフィール

_K3A2248-2 のコピー

⚫️プロフィール

かまた れい

田園風景広がる、埼玉県育ち

 

 

子どもの頃は優等生だったが
高校時代に不登校になる

 

 

出席日数ギリギリで
高校を卒業した後
自己改革
自分探しをしたくて

シアトルへ語学留学

 

 

しかし、たいして勉強もせず
やる気も起こらず

たったの1年で帰国

 

 

何もかもが中途半ぱ
進むべき道が見出せなかった時に

 

 

ティーンズ雑誌に書いた
恋愛手記が高く評価されて
それをきっかけに
ライターの仕事が数多く
舞い込むようになる

 

「自分が生まれかわるなら今だ!」

 

 

それからは
ライターの仕事になりふりかまわず
必死でくらいつき

 

 

そのがんばりの甲斐があり
20代ではある芸能雑誌の
筆頭ライターとなり
取材記事や恋愛記事の他にも
少女小説を18冊、エッセーを2冊書く

 

 

20代は仕事が楽しく
取材で国内外を飛び回り
結婚は後回し

 

 

30代に入り
結婚を意識するようになるが
好きになるのは
取材で知り合う売れない
バンドマンばかり

 

 

恋愛をしても、その先に
結婚はなかった

 

 

35になってしまい
恋愛が結婚に結びつかないことに
焦りを感じだした私は

 

 

恋愛する相手を
夢を追う生活基盤のない
自由な男性から

結婚できるであろう
固い職業の男性にかえてみた

 

 

その後、固い企業に勤める
年下の男性とつきあうが
1年経っても彼は
「結婚」を言い出さない

 

 

出産を考え
焦りを感じていた私は

 

 

36歳の誕生日に
彼に結婚を迫ると

あっさりとふられてしまった

 

 

 

振り出しに戻ってしまった
36の春

 

 

時間がない私が最終婚活として
選んだのが「お見合い」だった

 

 

 

なぜならお見合いで目の前に座るのは
「結婚をしたい」と思っている
男性だけだから

 

 

お見合いで、現在の夫に出会い
2週間後にプロポーズ

 

 

その後
妊娠するも、流産を繰り返し
辛い不育症検査の末に
40歳で双子の母となる

 

 

子育てをしながら
ライターの仕事を続けていた時
婚活記事の取材で
ある仲人さんに出会う

 

 

取材を通じ、仲人という仕事の
素晴らしさに魅せられ
仲人を生涯の仕事としようと
一念発起

 

 

自分が最短結婚をした経験を生かし
結婚相談所の成婚率と
出会う人数を鑑み、研究した
独自の最短結婚プログラムを考案

 

 

最短結婚アドバイザーとして
活動を続けている